薬 セフゾン

細菌を殺菌できるセフゾンとは

セフゾンとは、細菌を殺菌する医薬品で、人の体内に入った病源微生物、細菌を殺菌する事ができるセフェム系と呼ばれる抗生物質に当たります。

 

 

主成分は、セフジニルというもので、細菌の細胞壁の合成を阻み、細菌が増殖する事を防いでくれます。

 

 

ブドウ球菌、大腸菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌、アクネ菌などの細菌に効果があり、耳鼻科や皮膚科、呼吸器科、泌尿器科などで処方されるものです。

 

 

ところが、緑膿菌には効果がないものと認知されています。

 

 

こちらのセフゾンには副作用があり、下痢や、発疹、じんましん、発熱、浮腫、胃部不快感、腹痛などが現れます。

 

 

これらはそれほど重い症状でもないですから、様子を見てあまりにも治らないケースは医師にかかって下さい。

 

 

またこれ以上に重い副作用も報告されていて、アナフィラキシーショック、急性腎不全、大腸炎、黄疸、肝機能障害、血液障害、高熱、唇や口内のただれなど重い皮膚症状などが現れます。

 

 

これらの重い副作用が現れた際は直ちに医師にかかり、正しい判断をして頂きましょう。