セフゾン 副作用

セフゾンの効果と副作用について

これからインフルエンザが流行する時期が近づいてきますが、インフルエンザをはじめとする比較的強力な細菌の感染について、最近の増殖を防ぎ、抗菌の働きをもつのがセフゾンという薬です。

 

 

錠剤や顆粒、小児用など様々なタイプがありますので、乳児の頃から用法用量を守って服用することができる、安全な薬でもあります。

 

 

幅広い感染症に効くので、耳鼻や皮膚を介する感染症にも一般的に使われます。

 

 

ただし、抗生物質なので医師から指示された量をきちんと飲む必要があります。

 

 

他に、妊娠中や授乳中には注意が必要なことも多く、違う薬に変更されたり、量を減らしたりすることもあります。

 

 

また、かゆみや発疹などがまれに出ることがありますので、そのようなアレルギー症状が出たらまず服用をやめ、すぐに医師に相談するようにしましょう。

 

 

他によく見られる副作用として、尿が赤くなることがあります。

 

 

薬剤師さんが必ず説明してくれるので、もし尿が赤くなっても心配する必要はありません。

 

 

また、人によって(特に乳幼児の場合)、便が赤くなることもありますが、抗生物質特有の副作用で人体に影響があるものではないので、不安がらずにそのまま服用を続けることが大切です。