セフェム系抗生剤

セフゾンは細菌の細胞壁の合成を邪魔して死滅させるお薬

セフゾンは、細菌に感染して起こる病気の治療に用いられるお薬です。

 

 

このお薬は、細菌の細胞壁の合成を邪魔する働きを持っています。

 

 

なので、服用すると、細菌の増殖を抑えたり、細菌を死滅させたりすることができるのです。

 

 

病気の原因となっている細菌さえ死滅してしまえば、徐々に症状は治まっていき、治療が完了することになるでしょう。

 

 

大腸菌や淋菌、黄色ぶどう球菌や溶血性連鎖球菌など、このお薬が効果を発揮する細菌の種類は多岐に亘っています。

 

 

ですから、さまざまな病気の治療に役立っているのです。

 

 

「細菌に対して、そんなに強力な効果を発揮するのであれば、人体の細胞にも攻撃してしまったりするのでは?」

 

 

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

でも、先にも述べたように、このお薬の働きは、細胞壁の合成を邪魔することです。

 

 

そして、人などの動物の身体には細胞壁は存在していません。

 

 

この2つを考え合わせれば、セフゾンが人体に攻撃してしまうことは、まず起こり得ないと分かっていただけるのではないでしょうか。

 

 

ただし、人体そのものには攻撃しませんが、人体の中にあって良い働きをしてくれている細菌に攻撃をしてしまう可能性はあるので、それが原因で下痢などの副作用が起こる場合もあります。

 

 

多くの場合、しばらくすれば治まるので心配はいりませんが、症状の程度が重かったり、長く続いたりする場合には、医師に相談をした方が安心でしょう。