ペニシリン系抗生剤

感染症の治療にはセフゾンが効きます

セフゾンは、様々な感染症に使われているセフェム系の抗生物質です。

 

 

主に、肺炎や気管支炎などの呼吸器感染症、膀胱炎などの泌尿器感染症、抜歯後の感染予防など幅広い分野の感染症治療に使われています。

 

 

セフゾンは、細菌の細胞壁を破壊して死滅させる作用がありますが、人体の細胞には作用しません。

 

 

そういう点からも、人体への影響の少ない安全な抗生物質と言えるでしょう。

 

 

また胃腸からの吸収もよく、ペニシリン系の抗生物質に比べて、ショックなどの抗生物質過敏症(アレルギー)を起こしにくいという特徴があります。

 

 

服用方法は、成人で1回1カプセルを1日3回服用します。

 

 

空腹時に飲むと胃に負担をかけてしまいますので、空腹時を避けて服用しましょう。

 

 

副作用としては発疹・胃の不快感・吐き気・下痢・腹痛などがあります。

 

 

また、以前に薬でアレルギー症状が出たことがある場合には服用に対して注意が必要です。

 

 

薬の服用後、気になる症状が現れた時には早めに医師に連絡をしましょう。

 

 

抗生物質は決められた期間を守って服用しないと耐性菌ができてしまい、薬が効かなくなってしまいます。

 

 

症状が落ち着いたからといって、自己判断で服用を中止してはいけません。

 

 

医師の処方に従って、最後まできちんと飲み続けることが大切です。