抗生物質 セフェム系

感染症に強いセフゾンについて

セフゾンは様々な細菌による感染症の治療や予防に使われる抗生物質です。

 

 

風邪を引いたときに処方されることも多いですし、肺炎や気管支炎、咽頭炎、中耳炎などの感染症、そして歯科の処置を行った後、化膿止めとして使われることも多いです。

 

 

内科、耳鼻咽喉科、歯科などあらゆる診療科で使用されています。

 

 

ペニシリンのように細菌の細胞壁を破壊することで殺菌する働きがありますが、ペニシリンに起こるよなショック症状を起こす可能性が極めてまれであるため、セフゾンはあらゆる分野で使われているのです。

 

 

服用は基本的に1日1回食後に服用されますが、治療目的によって錠数などは変わるので、医師の指示に従うのが良いでしょう。

 

 

血中の濃度が一定に保たれることによって、薬効が発揮される抗生物質ですから、病院から指示されたタイミングで飲むのが良いでしょう。

 

 

セフゾンの副作用としては、ほとんど大きなものは見られることはありません。

 

 

個人によっては、殺菌の効果が高すぎることによって下痢を引き起こしてしまうケースもありますが、強めの抗生物質にはよくある副作用です。

 

 

半日を過ぎればだいたいは収まるので問題ありません。

 

 

その他には、じんましん、発疹、嘔吐、吐き気、口内炎などが起こるケースもあります。