感染症 治療薬

セフゾンの効果を知ろう

病気になった場合は薬を利用して治療を行うことが多いですが、薬にはそれぞれ違う特徴働きがあります。

 

 

それゆえに処方された薬を安全に効果的に使っていくためにも、その薬の特徴をよく理解し、正しい使い方を心がけていきましょう。

 

 

感染症の治療のときには抗生物質がよく利用されますが、セフゾンもよく利用されている薬のひとつです。

 

 

セフゾンは細菌の細胞壁を壊し、細菌の増殖を阻害する薬でペニシリン剤と同じような効果を期待することができます。

 

 

高い効果を期待できる薬ですが、人の細胞には作用しないので、副作用も少ないことも特徴です。

 

 

さらにショック症状などもペニシリン系と比べて少ないとされています。

 

 

呼吸器の感染症や尿路感染症、耳鼻感染症など様々な感染症の治療に用いられている薬です。

 

 

副作用が少ない薬ですが、発疹やじんましん、むくみなどの過敏症が起こる場合もありますし、吐き気、下痢、腹痛、食欲不振などが起こる場合もありますので、副作用が強く感じる場合は、服用を一旦やめ、早めに医師に相談しましょう。

 

 

服用方法は通常は1日3回食後に飲むこととなります。

 

 

症状が重い場合は多めに処方されることもありますので、医師の指示に従い、勝手に減量や増量などをせず、正しい量を服用していきましょう。