セフゾン

副作用・使用上の注意のあるセフゾンの概要です

まず、セフゾンとはどんな薬かというと、細菌で罹患する感染症の治療薬です。

 

 

これは、ペニシリンと同様に細菌の細胞壁を壊して、死滅させる作用があります。

 

 

人体の細胞へは何の影響も与えず、抗生物質へアレルギーのある人以外には目立った副作用はありません。

 

 

そして、ペニシリンのようにショック症状も起こすことが少なく、そのため今では抗生物質の生産は、殆どがこのセフェム系の物で占められているのです。

 

 

さて、セフゾンは多くの細菌を死滅させることができますが、過敏症状というジンマシン・痒み・顔のムクミ、などのアレルギー症状を起こす場合があります。

 

 

この症状が出たならば、すぐさま服用を中止して下さい。

 

 

その後は、医師へ相談した方がいいでしょう。

 

 

次に、稀にある副作用としては、吐き気・嘔吐・腹痛・下痢・食欲不振といった症状が出ることもあります。

 

 

それに、口内炎・倦怠感・頭痛などの症状を起こす人もあるのです。

 

 

これらの症状が出た場合も、直ぐに医師へ相談しなければなりません。

 

 

それから、下痢となった時には、自分で対処しようとしないで下さい。

 

 

ドラッグストアなどで、下痢止めを買って飲んではいけません。

 

幅広い治療に用いられる安全な抗生物質

また、症例は少ないのですが、ショック症状・血液障害・黄疸・腎障害・皮膚粘膜眼症候群・中毒性表皮壊死症・紅皮症・間質性肺炎・好酸球性肺炎・筋肉痛・心悸亢進・低カルニチン血症での低血糖・肝機能障害・劇症肺炎・大腸炎といった、副作用もあります。

 

 

これらの症状が起こる前には、薬を服用した後に口渇・ただれ・痛み・耳鳴り・目眩・喘鳴・何度も便意が起こる、などの自覚症状が現れますから、直ぐに服用するのを止めて医師へ相談して下さい。

 

 

次に、服用する時の注意点を記します。

 

 

まず、剤型いろいろありますが、原則として食後に服用してください。

 

 

その際の分量・服用時間は、医師の指示へ従わなければなりません。

 

 

自分の判断で、服用中止・少なく服用する・多く服用するなどしてはいけません。

 

 

特に中止・減量した場合、薬の効果が現れなくなる・症状の悪化・新たな感染症を引き起こす原因となります。

 

 

そして、坐剤を使う場合、排便した後・便意のない時に使わなければなりません。

 

 

それから、2点目の注意点として、服用時間の厳守があげられます。

 

 

これは、血中濃度の問題があるからです。

 

 

濃度が一定に保たれなければ、効果が現れません。

 

 

尚、これまでセフェム系・ペニシリン系の抗生物質で過敏症状を起こしたことのある人・家族の中でアレルギー体質の人がいる場合は、事前に医師へ伝えて下さい。

 

細菌による各感染症の治療の薬として使われるセフゾン

セフゾンは1991年に発売された薬で、またの名をセフジニルと呼ばれております。

 

 

ただ病院から支給される薬としては、セフゾンと表記されることも多いです。

 

 

薬の種類としてはセフェム系抗生物質と分類され、よく風邪をひいたときに、病院へ行くと錠形がカプセル状の淡赤・淡赤の薬をもらえるケースがありますが、それがセフゾンであったりします。

 

 

基本的には経口摂取して用いられ、まれに種類によっては坐剤として投与されることもあります。投与期間についても感染症の種類によって、期間が当然違ってきます。

 

 

食後の服用が原則で一日一回を目処として、その服用量や服用時間については医師の指示に従います。

 

 

特に血液中の濃度が一定に保たれていないと効果を発揮しない薬であるため、指示された時間通りに摂取を行うことが肝心となります。

 

 

比較的、市中に出回っていることもあって、メジャーな薬の一つとしても認識されています。

 

 

この薬の効能としては、各細菌感染によって引き起こされる感染症治療のための抗生物質で、主に肺炎、気管支炎を始め膀胱炎、咽頭炎、扁桃炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎等の病気の治療に使われます。

 

セフゾンの副作用

近年はインフルエンザが流行していますが、インフルエンザの治療においても活躍する薬です。

 

 

その作用には、細菌の細胞壁を壊して、細菌を死滅させるという殺菌作用があります。

 

 

しかも人体の細胞には作用しないため、副作用を生じることが少ないです。

 

 

なお考えられる副作用については、発疹、じんましん、顔のむくみやかゆみ等のアレルギー過敏症状が起こるケースや吐き気・嘔吐、下痢、腹痛、食欲不振等がまれに起こるケースもあります。

 

 

それ以外に口内炎、頭痛、倦怠感といった症状、ショック症状も現れる可能性があります。

 

 

上記のいずれかに該当した場合と服用後に口内の異常、めまい、耳鳴り、頻繁な便意、呼吸のたびにのどをゼイゼイ・ヒューヒューさせるなどのショック症状の前兆が現れた場合、直ちに使用を中止して医師に相談することが大切です。

 

 

なお使用上の注意については、それまでにペニシリン系やセフェム系の抗生物質を使ってアレルギー過敏症状を引き起こしたことがある人、家族にアレルギー症状がある人、肝臓・腎臓・胃腸・血液に障害のある人、妊婦または妊娠する可能性がある人等は、その旨を医師に報告して指示を仰ぎます。

 

 

長期間服用し続けるケースにおいては、定期的に副作用をチェックする検診を受ける必要があり、それを受けなければなりません。

 

感染症治療薬の代表格セフゾンとは

人間の身体は、常に外部から侵入しようとする病原菌の脅威に晒されています。

 

 

風邪は寒さなどで体力が低下した時に、細菌の影響を受けて起こる症状の総称ですし、気管支炎や中耳炎などの病気も、病原菌が原因となって起こります。

 

 

こうした種々の感染症に対処出来る医薬品が、感染症治療薬です。

 

 

感染症治療薬には色々な種類があるのですが、多種類の感染症に対して安全に強い効果を発揮出来る医薬品に、セフゾンがあります。

 

 

この医薬品は、大きな副作用を引き起こす心配が無い事から、幅広い病気に対して処方されている感染症治療薬です。

 

 

この治療薬はセフェム系抗生物質に分類されていて、細菌の増殖を阻害する働きを持っています。

 

 

セフェム系の抗生物質は、特にグラム菌という細菌に対しての作用を持つ事と、安定した作用が得られる事から、現在はペニシリンに替わって、頻繁に抗菌剤として用いられています。

 

 

かつて感染症治療薬の代表であったペニシリンは、強いアレルギー症状などの問題点があったのですが、その問題点を克服したのが、セフェム系抗生物質なのです。

 

 

さて、セフゾンにより改善効果を期待出来る病気の種類は、多岐にのぼります。

 

 

扁桃炎や気管支炎、リンパ節炎などの症状の他、外傷を受けた時に二次感染を防ぐ為にも処方されます。

 

 

この為、内科だけでなく外科でも処方される医薬品となっているのです。

 

ペニシリンよりもかなり安全・安心な医薬品

セフゾンは、比較的安定した作用を持ち、副作用も少ない医薬品とされています。

 

 

ただ、副作用が全くないわけではありません。

 

 

例えば、この服用によって起こる副作用として、下痢が挙げられます。

 

 

また、副作用が発熱や発疹といった症状で現れる事もあります。

 

 

重篤な副作用を起こす事は稀なのですが、体調や体質によってはある程度重い副作用を起こす事もあるのです。

 

 

ただ、こうした副作用も、先述のペニシリンと比べればかなり軽いものだと言えます。

 

 

ペニシリンは、血圧低下や呼吸困難などの強いショックを起こす事もあり、時には生命に危険を及ぼす程の副作用に見舞われる危険性を持っていたのです。

 

 

その点で、セフゾンは強い副作用を起こす事はごく少ないので、安心して使用する事が出来る医薬品だと言えるのです。

 

 

さて、この医薬品は医療機関で処方を受ける他、個人輸入代行業者でも購入する事が出来ます。

 

 

通常、日本国内のドラッグストアなどでは、この医薬品は購入出来ません。

 

 

一方、個人輸入代行業者を通じれば、自己責任で使用する方に限り、個人的に入手する事が出来るのです。

 

 

しかし、先に書いた通り、セフゾンはある程度の副作用のある医薬品であることから、医師の診断を受けてから使用する事が賢明です。